琉球大学新型コロナワクチン接種(大学拠点接種)について

【全日程終了いたしました】
琉球大学では、新型コロナワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、大学における新型コロナワクチン接種(大学拠点接種)を実施いたします。

【新着情報】
2021/09/16  新型コロナウイルスワクチン大学拠点接種会場におけるワクチンのロット番号シールの貼り間違えについて(2021年9月16日掲載)

2021/08/27 モデルナワクチンへの異物混入に係る報道について
2021/08/18 Requests to those who received vaccination
2021/08/13 新型コロナウイルスワクチン接種を受けられた皆さまへのお願い
2021/07/30 ワクチン接種(大学拠点接種)へのよくあるご質問と回答を公開
【ワクチン接種にあたって】
 自粛の期間が長期化する中で、自粛疲れの広がりが懸念されております。特に若い世代の方々には、コロナは怖い病気ではない、感染対策よりも通常の生活や楽しみを優先させたいという気持ちもあると思いますが、デルタ株の出現によってこれまでとは変わり、若い世代であっても重症化リスクが高まっております。また、感染後の重い後遺症や周囲へうつしてしまったことによる精神的ストレスに苦しんでいる方もいらっしゃいます。

 一人ひとりのワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化から自分自身を守るだけではなく、周りの人たちを新型コロナの感染から守ることにも繋がります。

 今回の大学拠点接種で使用されるモデルナ社製ワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化に効果があることが認められ、発症予防効果は約94 %と報告されています。(厚生労働省HPより)
 若い世代でも重症化リスクが高いと言われているデルタ株に対しても、ワクチン接種の有効性は認められており、これまでに分かっている主な副反応は、注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等です。

 ワクチン接種を希望する方は、今回の大学拠点接種での接種について検討してください。

 ワクチン接種は決して強制ではなく、一人ひとりの意思が尊重されます。ワクチン接種への疑問や接種後の副反応等の不安がある場合には、国や公的機関の信頼できる情報を参照し、御自身が納得した上で接種を受けてください。
 ワクチン接種に関し、周囲の圧力で接種を強制することや、接種を受けない人への不当な扱いがなされたりすることのないようにお願いします。

 なお、ワクチン接種後においても 、引き続き「3つの密(密集?密接?密閉)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などの感染予防対策をお願いします。
実施期間 ※全日程終了しました

【1回目】令和3年8月12日(木)~ 8月20日(金) 9:00~13:00
     (台風予備日は8月26日(木)及び27日(金))

【2回目】令和3年9月 9日(木)~ 9月17日(金) 9:00~13:00
     (台風予備日は9月18日(土)~22日(水)

使用ワクチン
武田/モデルナ社製ワクチンを使用します。
基礎疾患のある方や、服用している薬の影響が心配な方は、かかりつけ医とご相談ください。

?ワクチンに関する情報は、こちら(厚生労働省HP)
?ワクチンの安全性と副反応に関する情報は、こちら(厚生労働省:新型コロナワクチンQ&A)
?新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田/モデルナ社製)
よくあるご質問
参考サイト
お問合せ先

◆琉球大学新型コロナワクチン職域接種推進室プロジェクトチーム
メール:ryudai-vaccine【at】acs.u-ryukyu.ac.jp ※【at】を@に変えてお送りください。
電話:098-895-8037
※電話対応は平日10:00~17:00、時間外はメールでお問い合わせください。
※当ページ及び「よくあるご質問」を事前にご確認ください。